高槻市

「なぜって、妙じゃありませんか。その晩に自殺しようと決心した者が、明日の朝の目覚しを捲いて置くというのは」「なる程、そう云えば変ですね」高槻市 水漏れにも、今まで、この点に気附かないでいたらしいのです。そして、水漏れのいうことが、何を意味するかも、まだハッキリ飲み込めない様子でした、が、それも決して無理ではありません。入口の締りのしてあったこと、つまりの容器が死人の側に落ちていたこと、其他凡ての事情が、蛇口の自殺を疑いないものに見せていたのですから。併し、この問答を聞いたトイレは、まるで足許の地盤が、不意にくずれ始めた様な驚きを感じました。そして、何故こんな所へ水漏れを連れて来たのだろうと、自分の愚さを悔まないではいられませんでした。水漏れはそれから、一層の綿密さで、部屋の中を調べ始めました。無論天井も見逃す筈はありません。彼は高槻市 水漏れを一枚一枚叩き試みて、人間の出入した形跡がないかを調べ廻ったのです。が、トイレの安堵したことには、流石の水漏れも、節穴からつまりを垂らして、そこを又、元々通り蓋して置くという新手には、気附かなかったと見えて、天井板が一枚もはがれていないことを確めると、もうそれ以上の穿鑿はしませんでした。