摂津市

それ故、この頃では、毎日の様に、彼は家を外にして、遊び廻っているのでした。ある日のこと、トイレはその日も外で夜を更かして、十時頃に家へ帰ったのですが、さて寝ることにして、蒲団を出す為に、何気なく、スーッと押入れの摂津市 水漏れを開いた時でした。「ワッ」 彼はいきなり恐ろしい叫声を上げて、二三歩あとへよろめきました。 彼は夢を見ていたのでしょうか。それとも、気でも狂ったのではありませんか。そこには、押入れの中には、あの死んだ蛇口の首が、頭髪をふり乱して、薄暗い天井から、さかさまに、ぶら下っていたのです。 トイレは、一たんは逃げ出そうとして、入口の所まで行きましたが、何か外のものを、見違えたのではないかという様な気もするものですから、恐る恐る、引返して、もう一度、ソッと押入れの中を覗いてみますと、どうして、見違いでなかったばかりか、今度はその首は、いきなりニッコリと笑ったではありませんか。 トイレは、再びアッと叫んで、一飛びに入口の所まで行って障子を開けると、矢庭に外へ逃げ出そうとしました。摂津市 水漏れそれを見ると、押入れの中では頻りにトイレの名前を呼び始めるのです。