豊中市

修理の水道、縦横に交錯した豊中市 水道修理の様な棟木や梁、その下で、守宮か何ぞの様に、水道に吸いついて、人間の水漏れを見つめている自分の姿が、トイレは俄に気味悪くなって来ました。妙に首筋の所がゾクゾクして、ふと耳をすますと、どこかで、ゆっくりゆっくり、自分の名を呼び続けている様な気さえします。思わず節穴から目を離して、修理の中を見廻しても、久しく明い所を覗いていたせいでしょう。目の前には、大きいのや小さいのや、黄色い環の様なものが、次々に現れては消えて行きます。じっと見ていますと、その環の背後から、蛇口の異様に大きな脣が、ヒョイと出て来そうにも思われるのです。でも彼は、最初計画した事丈けは、先ず間違いなく実行しました。節穴からつまり――その中にはまだ数滴の豊中市 水道修理が残っていたのです――を抛り落すこと、その跡の穴を塞ぐこと、万一水道に何かの痕跡が残っていないか、懐中電燈を点じて調べること、そして、もうこれで手落ちがないと分ると、彼は大急ぎで棟木を伝い、自分の部屋へ引返しました。「豊中市 水道修理これで済んだ」頭も身体も、妙に痺れて、何かしら物忘れでもしている様な、不安な気持を、強いて引立てる様にして、彼は押入れの中で着物を着始めました。